大まかな通夜と葬儀の基本的なマナー

葬儀に行く度にマナーが分からず困ってしまう方は多いでしょう。
もしものためにしっかり確認しておくことが大事です。
大まかですが葬式についてのマナーを説明します。
まず服装についてです。
訃報を聞いてそのまま仮通夜に弔問に行くときは平服でかまいません。
むしろ礼服で訪れてしまうと先方が不幸を予期したのではと失礼にあたってしまいます。
葬儀は男女共に黒の礼服で行くようにしましょう。
次に葬儀のマナーです。
訃報を聞いたら故人との関係などを考慮し、いつ弔問に行くべきかを判断します。
故人が近親者、または近しい間柄の場合はすぐに駆けつけ、通夜と葬儀の両方に出るようにしましょう。
あまり親しくない際は通夜か葬儀のどちらか片方だけでかまいません。
そしてお悔やみの挨拶についてですが、挨拶はありきたりの言葉にしましょう。
無難であれば先方に失礼になることはまずありません。
一般的には「この度はご愁傷様です。
心よりお悔やみ申し上げます。
」などが使われます。
「ご冥福をお祈り致します。
」は仏式のみなので事前に宗教の確認をしておきましょう。
このように葬式はマナーが大変多く、宗教によっても違うので覚えるのに苦労します。
ですが通夜や葬儀に曖昧な知識で行くのは遺族にもそして故人にも失礼です。
いざというときのために細かいところまでマナーを知っておく必要があります。

https://eishodo.net/
自宅に眠っていた古い美術品、本当の価値を調べたいなら栄匠堂へ

pfc fxPFC(ピーエフシー)は、2016年5月に設立したFX(外国為替証拠金取引)に特化した、全国4,000名以上の会員数を誇る日本最大級のコミュニティ。

pfc セミナー 多数の病院の成功事例、「業務PFC」の実例を紹介!

サニーライフサニーライフ羽村居宅介護支援事業所

中村創
ジョイサウンドで曲を検索する

最新記事