お葬式で女性で持つバックの種類について

お葬式に参列する際のマナーとして、服装やアクセサリーなど色々注意すべきポイントが多くあります。
服装であれば喪服は基本であり、男性であれば靴下は黒色を選び女性であれば黒色のストッキングの着用がマナーです。
そのほかに香典やアクセサリー類などにも注意が必要ですが、同じように女性が持つバックにも最低限のマナーを守る必要があります。
他のアイテムと同じように色は黒色のものが望ましいです。
お葬式に参列する際であれば、バックのデザインはショルダータイプのものは避けたほうがよいです。
タイプとしてはフォーマルバックやサブバックが望ましい種類となります。
黒色であっても光沢のある金属類が付いているタイプは避けるべきポイントです。
またバックの素材ですが布製の物を利用するようにします。
皮製などは殺生を連想させるため、お葬式に参列する際に持つにはふさわしくない素材となります。
お葬式ではなく通夜などで急遽参列する場合、どうしてもショルダーバックしかないといった場合は、紐を短くして肩にかけることは避けるのがよいです。