個人葬にもルールがあるので守りましょう

社会のルールを知っておかなければ後で後悔することがあるので注意をしましょう。
失敗してしまうと人間関係にも亀裂が生じてしまって、親族から白い目で見られてしまうことがあります。
葬儀は参列者だけに限らず、親族や知人の間にも緊迫感が漂っているので、礼儀をわきまえて行動してください。
個人葬にもルールがあって、訃報を知らせるときは、電話で伝えるようにして、知人には新聞のお悔やみ欄に名前と住所を記入して周囲に公表するスタイルにしましょう。
お知らせをする順番が間違っていたりすると、誤解を招いてしまう可能性があるので、故人が生前お世話になっていた人がいれば、名前をリストアップしながら訃報を知らせるときの手順を把握しておくようにしましょう。
個人葬はキリスト教や仏教など宗派によって葬儀のスタイルが変わります。
主催者側だけが気を遣うのではなく、葬儀に参列する場合も宗派のことを念頭に入れて、最低限のルールとマナーを守って故人の冥福を祈りましょう。